筋トレを効果的に行うために

胸を鍛える

厚く逞しい胸板は、男女を問わず憧れの的です。実際のところ、もともとの体の厚みは骨格などにより個人差があるのですが、適切な方法で筋肉をつけていくことで、どんな人でも胸板を厚くすることが可能です。また、胸の筋肉を鍛えるのは女性にとってはバストアップ効果も高いので、ぜひ取り入れていきたいトレーニングになります。胸の筋肉のトレーニングにはいろいろな方法があり、ベンチプレスなどジムなどで本格的に行うものから、腕立て伏せやチェストサンドなど自宅で手軽にできるものまでさまざまなので、自分に合った方法を取り入れていくといいでしょう。

ベンチプレス

パワートレーニングの象徴のように言われるベンチプレスは、胸のトレーニングとして有名です。プレスベンチに横たわり、バーベルを上げ下ろしするのがベンチプレス。「ベンチプレスで○○kgあげられる」というのは、その人のパワーを語るときによく使われる表現です。実際にはトレーニングで行うベンチプレスと競技として行われるベンチプレスはやや方法が異なりますので自分の目的に合ったやり方を身に付けましょう。

腕立て伏せ

プッシュアップとも呼ばれる腕立て伏せは、本格的に筋トレをする人でなくても一度はやったことがあるのではないでしょうか。体を鍛えるトレーニングとしてよく行われる腕立て伏せは、器具を必要としないシンプルな運動ですが、きちんとしたフォームで行わないと効果が半減してしまいます。しっかり腕を曲げて床すれすれまで胸を落とすと、かなりキツイトレーニングになりますので、自宅でやるときにも正しいフォームでしっかり筋肉に負荷をかけて行いましょう。

チェストサンド

女性のバストアップに効果的な運動として、テレビなどでもよく取り上げられることもあるトレーニング法です。器具を必要とせず、いつでもどこでもできるため、毎日の習慣にしている人も多いでしょう。両手を合わせて上下するシンプルな動きですが、続けることで胸の筋肉に確実に効果を及ぼします。本など厚みのあるものを手の間に挟むとより効果的です。

↑ PAGE TOP