筋トレを効果的に行うために

背筋を鍛える

背筋も、逞しい体つくりのためにはしっかり鍛えておきたい部分のひとつです。胸や腕の筋肉とのバランスや、逆三角形の上半身を考えても、背中だけ鍛えていないとやはりバランスの悪い体になってしまいますし、他の箇所のトレーニングに十分な負荷がかけられなくなってきます。逆に背筋をしっかり鍛えておくと、後ろ姿が素敵なのはもちろん、洋服もかっこよく着こなせますし、姿勢もよくなるので積極的に鍛えておきたい箇所です。背中は自分で見えないのでお腹ほど意識しない人も多いのですが、意外と無駄なお肉や脂肪が付きやすい場所でもあります。背中の運動をして肩甲骨周辺の筋肉を動かすことは効率的な脂肪の燃焼にも役立つので、ダイエットをしたい人にもおすすめです。ここでは、背筋を鍛えるトレーニングとして、懸垂とバッグエクステンションの2つをご紹介します。

懸垂

チンニングとも呼ばれる懸垂は、背中のトレーニングとして最もポピュラーなものです。バーにぶら下がり、自分の体を引き上げるだけのシンプルなトレーニングですが、顎がバーの上までくるようにしっかり引き上げようとすると、かなり力も必要になります。自分の体重を負荷としているので体の重たい人は必要な筋肉が付くまではできない場合もありますし、普段トレーニングをしていない女性にはちょっと無理かもしれません。しかし、背筋のトレーニングとしては大変効果的ですので、出来るだけメニューに取り入れて、余裕があれば回数を増やしたり負荷をプラスしたりしていくのがおすすめです。

バックエクステンション

特別な器具を必要とするわけではなく、うつぶせの状態から体を持ちあげるだけのシンプルなトレーニングです。自宅で簡単にできるので、腹筋と同時に毎日の習慣にしている人も多いのではないでしょうか。簡単ですがフォームをきちんとするかしないかで、効果はずいぶん違ってきます。体を反り返らせるのではなく、背中の筋肉を使っていることを意識しながら上半身を持ち上げることが大切です。

↑ PAGE TOP