筋トレを効果的に行うために

筋トレに使うグッズ

筋トレには、必ずしも道具が必要なわけではありませんが、あると便利なグッズというのはいろいろあります。ジムなどに通う場合には基本的にはジムにすべて備え付けてありますので、それを利用することになりますが、自宅で筋トレを行う場合にはどんなグッズを揃えたらいいのでしょうか。実際のところ、これがないと筋トレができない、というものはありません。たとえば腕立て伏せや腹筋などは何の道具も必要としませんし、そういったトレーニング法はいくらでもあります。ここでご紹介するのはあくまでもあると便利といったグッズです。

マット
トレーニングというと、負荷をかけるための器具を思い浮かべがちですが、まずおすすめしたいのがマットです。マットの上で腹筋をすれば腰が痛くなることもありませんし、マンションなどで下の階に振動や音が伝わるのを防いでくれます。筋トレの動きは意外と階下に伝わることも多いので、こうしたマットを一つ持っておくと便利です。また、ダンベルなどでトレーニングをする際にも、マットを敷いておけばうっかり落としても床に傷がつきにくいというメリットもあります。

ダンベル
自宅で筋トレをする際の負荷としてとても便利なのがダンベルです。最近では負荷を付け替えることでいろいろな重さのダンベルとして使えるセットが人気を集めています。確かに運動によって負荷を変えたり、筋肉がついてきて今までの重さでは物足りなくなった時に重たくできたりするのは便利です。ダンベルを使ったトレーニングは種類も多く効果も高いうえ、ダンベル自体が置き場所を取らないので持っていても損はないでしょう。

ウエイト用ベルト
トレーニング時に腰にまくベルトには、腰痛を防ぐ効果に加えて、腹圧を維持することでトレーニング効果を高める働きがあります。このベルトをややきつめに巻くことで、しっかり腹圧を高めて、効率よくトレーニングをすることができます。ただし、使い方を間違えると苦しくなるだけですので、できれば慣れている人に使い方を教わるなどしてから使うほうがいいかもしれません。

その他、バーベルやベンチプレスなども通販などで簡単に購入することはできますが、かなり大きくて重たいものになるので家族に嫌がられることも多いようです。ある程度、マットとダンベルなどでトレーニングを重ねて、さらにハードなトレーニングをしたくなったらジムに通うことなどを検討してみてはいかがでしょうか。

↑ PAGE TOP