筋トレを効果的に行うために

サイドベント

サイドベントは、ダンベルを使ったトレーニングで腹斜筋を鍛える効果があります。筋肉で割れたお腹をシックスパックと表現することがありますが、その部分の両サイドを斜めに支えるように走る筋肉が腹斜筋です。この筋肉を鍛えるとで、グッと引き締まった逆三角形の上半身を作ることができます。せっかくクランチなどで割れた腹筋を作っても、この腹斜筋を鍛えていないと引き締まった感じがしないので、ボディバランスを整えるためも大切なトレーニングです。

サイドベントには、ダンベルを一つだけ使います。基本姿勢は、まっすぐに立って片手にダンベルを下げ、もう一方の手は頭に添えます。そのままダンベルを持っている手が下になるように限界まで体を横に倒していきます。背筋が前後に曲がっておらず、ダンベルを持っていないほうの脇の筋肉がしっかり伸びていることを感じてください。その後、伸びた脇腹の筋肉が縮むのを意識しながら状態を元に戻します。このとき、やや反対側に傾くまで持ちあげても構いません。そして再びダンベルを持つ方に体を曲げて脇腹の筋肉で体を起こすことの繰り返しです。

見ているととてもシンプルなトレーニングですが、これをきちんと目的の脇腹に効かせようするとコツをつかむのが少々難しくなります。どうしても背中の筋肉や腹筋、腕の力など使ってしまいがちなので、始めのうちは重量を重くするよりも正しいフォームで脇腹を使えているかを意識しながら行うことが大切です。正しいフォームで行わないと、脇腹の筋肉に効かないばかりか、腰を痛めてしまうこともあるので、まずはフォームをマスターすることを心がけてください。20回前後を1セットとして、2~3セット行うのが基本ですが、慣れてくれば回数は増やしていってもよいでしょう。重さを重くしていくよりは、適度な重さで回数を増やしたほうが効果は高くなります。なかなか腹斜筋を鍛えるトレーニングは少ないですし、脇腹の筋肉は鍛えることでかなり見た目にも違いが出ますので、ぜひ取り入れたトレーニングです。

↑ PAGE TOP