筋トレを効果的に行うために

腹筋を鍛える

筋トレをするからには、割れた腹筋はひとつの目標にしたいところです。シックスパックとも呼ばれる6つにくっきり割れた腹筋を作るには、それなりのトレーニングが必要です。いわゆる腹筋運動として知られるクランチは、誰もが一度はやったことがあるかと思いますが、本当に割れたお腹を作るには、正しいフォームのクランチを身に付けて、お腹の筋肉に効くトレーニングをする必要があります。横になった状態から座った位置まで起き上がるいわゆる腹筋運動は、もちろんある程度の効果はありますが、効率の面から言うと残念ながら正しい方法とは言えません。本当にお腹に効く可動域でセット中は休憩することなく腹筋に働きかけるクランチを続けることが必要なのです。ここでは、正しいクランチのやり方や、脇腹の腹斜筋を鍛えるサイドベントなどの方法をご紹介します。

腹筋(クランチ)

腹筋運動は誰でも一度はやったことがあるのではないでしょうか。学校の体育の授業や部活動などで経験がある人も多いと思います。しかし、本当に正しいクランチのフォームは、初心者には意外と難しいものです。寝ている状態から起き上がるのが腹筋だと思われがちですが、本当に腹筋を鍛えるのならば、足は上げるか曲げるかした状態で、お臍が見える程度まで上体を起こします。起き上がるというよりは、腹筋を使って体を丸めるといったイメージで行いましょう。

レッグレイズ

上体を起こすクランチに対して、レッグレイズは横になった状態で両足を持ち上げます。この時に使われるのは、クランチで鍛える腹筋よりもやや下側にある下腹の筋肉です。ダイエットの面でも気になることの多い下腹のお肉ですが、ここを重点的に鍛えるには、クランチよりもレッグレイズが適しています。フォームもシンプルですが十分筋肉には効くトレーニングなのでおすすめです。

サイドベント

腹筋の両サイドの脇腹の肉がたるんでいると、前から見た時にくびれのないダラけた体になってしまいます。脇腹の腹斜筋を鍛えるサイドベントは、メリハリのあるウエストを作り、逆三角形のボディのためには欠かせないトレーニングです。ダンベル一つでできますが、しっかり腹斜筋に効かせるためには正しいフォームで行い、常に脇の筋肉を意識しながら行うことが大切です。

↑ PAGE TOP