筋トレを効果的に行うために

足~臀部を鍛える

スクワットやランジは、太ももから臀部にかけての筋肉を鍛えるトレーニングです。この部分の筋肉は、逞しい体つくりというだけではなく、何のスポーツをするにしてもとても大切な筋肉になります。持久力・瞬発力・スピードなど、スポーツをする上で必要な能力の多くは、この筋肉が関係していると言っても良いでしょう。また、ダイエットを目指す人にとっても大切な筋肉で、体の中で最も大きな筋肉であることから、エネルギーを消費するためには最も効率のよい場所でもあるのです。同じ時間トレーニングをするのでも、たとえば腹筋自体はそれほど大きな筋肉ではないので消費カロリーはそれほど多くはありませんが、スクワットやランジは太ももやお尻の大きな筋肉を動かすのでたくさんのエネルギーを消費してくれます。このように、太ももから臀部にかけてのトレーニングは、どんな目的でトレーニングするにしても必要になる箇所です。ぜひ正しいフォームで効率よくトレーニングできるように練習しましょう。

スクワット

スクワットは、太ももから臀部を鍛える基本的なトレーニングのひとつで、多くの人がやったことがあるのではないでしょうか。大きな筋肉を動かすのでエネルギー消費も激しくダイエットにも効果的で、トレーニングとしても大変有効な運動ですが、正しいフォームで行わないと膝や腰を痛めてしまうので注意が必要です。自分の体重で十分負荷はかかりますが、物足りないと感じるようならバーベルやダンベルで負荷をプラスして行ってもよいでしょう。

ランジ

ランジというのは、足を前後に大きく開いて腰を落とす運動で、片足ごとのスクワットともいうべきものです。スクワットに比べると、フォームが安定しやすいので初心者でもやりやすく、バーベルやダンベルで負荷を掛けながらやるのも無理なく行うことができます。反動をつけずにゆっくり行えば、かなりトレーニング効果は高い運動になります。

ワンレッグ・カーフレイズ

つま先で体全体を持ち上げるように上下することで、ふくらはぎの筋肉を鍛えるトレーニングです。シンプルですが、ゆっくり行うことでふくらはぎの筋肉にしっかりと負荷がかかり、高い運動効果を発揮します。自宅で簡単にできるので、ぜひ取り入れていきたいトレーニングです。

↑ PAGE TOP